岡山県の広告会社|地域の生活情報紙発行|求人サイト運営

企業向け情報

  • HOME »
  • 企業向け情報

人材採用に役立つ、最新の労働市場のデータや採用を成功させるコツなどを掲載しています。

 

労働市場レポート

岡山県平成31年3月の有効求人倍率は2.02倍で、2ヶ月連続で上昇しました。

県下全体の有効求人数57,263人(前年同月比0.7%増)・有効求職者数27,282人(6.0%減)となっています。岡山労働局は「求人数は依然として高い上、求職者数も下げ止まりが見えない状況。人手不足感は簡単には改善されないだろう」としています。

新規求人では、電気機械器具(49.4%増)や化学工業(34.2%増)のほか、慢性的な人手不足の医療・福祉(13.0%増)などで伸びました。

正社員の有効求人倍率は1.51倍(前年前月比0.19%増)となっています。

―数値は岡山県労働局平成31年4月26日発表を引用―

詳しくはこちら→【クイックリィ通信1】  【クイックリィ通信2】

 

全国の求人広告掲載件数等 市場変化

3月の求人メディアの広告掲載件数

職種分類別件数は、全体で1,568,047件(対前年同月比+37.2%)となり

「販売」が315,966件(同+35.4%)、
次いで「サービス(給仕)」が223,467件(同+29.1%)、
続いて「運搬・清掃・包装等」が169,101件(同+80.0%)、
「サービス(調理)」が149,432件(同+53.2%)、
「サービス(接客)」が128,589件(同+44.6%)となりました(職種別件数表参照)。
 
雇用形態別件数は、全体で1,434,525件(対前年同月比+38.6%)で、
「社員」が264,763件(同+17.0%)、「アルバイト・パート」が1,072,417件(同+46.8%)、
「契約社員他」が97,346件(同+24.2%)となりました(雇用形態別件数表参照)。
(4月25日全国求人情報協会発表)

詳しくはこちら→【集計結果】

 

適性診断テスト活用のおすすめ

「採否の判断で悩んでしまう」「採用するんじゃなかった、と後悔した」ことはありませんか?20年以上、適性診断を活用してきた経験から、その診断の的確さを実感しているテストをご紹介します。

「採用を成功させる適正診断テスト」

 

採用成功のポイント

質の良い人材の採用が困難となった今、応募を増やし、欲しい人材を採用するためには様々なコツが必要です。
採用成功のために有効な方法の一つとして「キャラクタライズ」を行うことをお勧めします。どんな人物を採用したいのか、社内でモデルとなる人物を見つけるとイメージを作りやすいでしょう。ターゲットをはっきりさせたら、その人材に向けた募集文章や広告をつくることが大切です。文章は分かりやすく、知らない人でも分かるような、想像しやすい表現を考えるのがポイントです。採用対象をはっきりと伝えることも大事です。
採用に慣れない場合は、難しいかもしれません。そんなときは、お気軽にティーアイシーにご相談ください。年間 5,000件の求人案件を扱うコンサルタントがご相談に応じます。

フリーダイヤル:0120-809026

 

合同就職説明会

次回開催予定/次回の開催は未定です。

お電話でのお問合せ・お申込は TEL 0120-809026 受付時間 9:00~18:00 [土・日・祝除く]

PAGETOP
Copyright © 株式会社ティーアイシー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.